7月27日(土)18:30~21:30、橋本で「大人しい/暗い人の友活&トーク会」を開催します。ご参加お待ちしています。

バイオレンス全開の映画 「ディストラクション・ベイビーズ」は、 柳楽優弥が凄すぎる。

バイオレンス全開の映画 「ディストラクション・ベイビーズ」は、 柳楽優弥が凄すぎる。 映画
スポンサーリンク

どうも、シマウタオウタオです。
今回のメンタルヘルス映画は、若者たちの狂気を描いた衝撃作「ディストラクション・ベイビーズ」です。

「イエローキッド」「NINIFUNI」の新鋭・真利子哲也監督の商業映画デビュー作であり、柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈ら若手実力派の怪演が光る青春群像劇です。

本作は、R15+(15歳未満は観覧禁止)です。素手での暴力シーンが多数ありますので、15歳以上であっても苦手な方の視聴はお控えください。

今回も月額400円のAmazonプライム・ビデオで視聴しました。

あらすじ

監督
真利子哲也
脚本
真利子哲也
喜安浩平
製作
椎木隆太
森口和則
キャスト
柳楽優弥
菅田将暉
小松菜奈
村上虹郎
池松壮亮

柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎ら若手実力派キャストが集結し、愛媛県松山市を舞台に若者たちの欲望と狂気を描いた衝撃の青春群像劇。

愛媛県松山市西部の小さな港町。海沿いの造船所のプレハブ小屋に、二人きりで暮らす兄の芦原泰良(柳楽優弥)と弟の翔太(村上虹郎)がいた。日々、喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に町から姿を消す。

それからしばらく経ち、松山の中心街で、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、逆に打ちのめされても食い下がる泰良の姿があった。街の中で野獣のように暴れる泰良に興味を持った高校生・北原裕也(菅田将暉)は、「あんた・・・すげえな!オレとおもしろいことしようや」と泰良に声をかける。こうして二人の危険な遊びが始まった。

やがて車を強奪した二人は、そこに乗り合わせていたキャバクラ嬢・那奈(小松菜奈)をむりやり後部座席に押し込み、松山市外へと向かう。彼らの暴力と血にまみれた凶行はインターネットで瞬く間に拡散し、ついには警察も動き出す。そして車を走らせた若者たちの凶行のゆくえは…。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』予告編
スポンサーリンク

感想

とにかく、衝撃的な作品です。2時間弱の間、殴って殴って殴りまくります。

暴力を題材にした映画は数多くありますが、これほど暴力だけを凝縮した映画は記憶にありません。この映画には、友情も、恋愛も、感動も、感傷も、心の触れ合いも、登場人物の成長すらありません。ただ暴力があるだけです。

ディストラクション・ベイビーズ

© 2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

しかも、女性や弱い者にも襲い掛かるクズっぷり。多くの人がこの映画に最低評価を付けるのは当然でしょう。この映画を見て爽快感を感じるのは、病的なサディストだけです。

凝った演出やストーリー性もないため、まるで犯罪ドキュメンタリーを見ているようです。しかも、主人公の生い立ちや心情が語られず、観客は共感も同情も出来ません。

主人公が唯一心情を吐露したのは、「楽しければそれでええけん」というセリフだけ。

そう、この映画はこの一言に尽きるのだと思います。

「楽しければそれでええけん」

狂気の青春群像劇には、「観客の感情を揺り動かす仕掛け(不純物)など必要ない」と監督は言いたいのでしょう。狂気は狂気として、ただそこにあるだけだと。

主人公の暴力性は、おそらく生来の物と思われます。両親が居ないからとか、社会に対する苛立ちと言ったものではなく、純粋に殴り殴られる暴力に魅せられている。病名をつけるとすれば、「反社会性パーソナリティ障害」でしょうか。

無言で、常に苛立っており、所かまわず暴力を振るい続ける芦原泰良を演じた柳楽優弥の演技力は素晴らしいの一言です。柳楽優弥って、こんなに男臭い演技ができる俳優だったんですね。ホレてまうほどの演技力です。

ディストラクション・ベイビーズ

© 2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

そして、そんな生来の暴力者に魅せられ、自らの内に秘めていた暴力衝動をさらけ出していく北原裕也を演じた菅田将暉の演技も素晴らしかったです。

小心者が、暴力性を開花させ、女性や弱い者ばかりを襲うクズ男に変貌する様は、観る者すべてに不快感を与えます。登場人物の中で一番胸クソ悪い役を見事に演じ上げました。

ディストラクション・ベイビーズ

© 2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

誘拐されたキャバクラ嬢・那奈を演じた小松菜奈の演技も素晴らしかったです。底意地の悪さ、負けん気の強さ、あふれ出る狂気、犯行を他人になすりつけるしたたかさ。女性の狂気を見事に演じています。

ディストラクション・ベイビーズ

© 2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

この三者が三様に、若者の狂気を体現しています。

多くの人におススメできる映画ではありませんが、観る価値はある映画です。ご興味のある方は、ぜひご覧になってください。

無言で暴力を振るう危険な男を演じた柳楽優弥、小心者に内在するサディスティックな一面を演じた菅田将暉、女性の狂気を演じた小松菜奈。ストーリーがない映画だからこそ、若手実力派の演技が躍動します。もしかしたら、それが監督の狙いだったのかも知れません。

他の方のレビューを見ると、「ファイト・クラブ」と比較する方が多いですが、私はこの映画を見て、新井英樹のカルト漫画「ザ・ワールド・イズ・マイン」を思い出しました。生来の殺人者モンと、力に魅せられて暴力衝動を開花させていく小心者トシは、この映画に登場する芦原泰良と北原裕也によく似ています。

映画
スポンサーリンク
この記事を書いた人

のほほんフリーランス。元ひきこもり。ひきこもり時は、ネットを使って、外に一歩も出ずに生活費を稼ぎ出していたガチの人。現在は、たまーにお外に出て、主にITコンテンツ屋やってます。企画したり、プロデュースしたり、ディレクションしたり、デザインしたり、プログラミングしたり。趣味は、漫画とボードゲーム。漫画は年間1500冊読みます。ボードゲームはカタンが好きです。

\ シマウタオ@運営人さんをフォローしよう! /
\ シェアお願いします! /
\ シマウタオ@運営人さんをフォローしよう! /
おススメ!障害者の就職・転職サービス
アットジーピー【atGP】

◎障害者雇用のパイオニア!
◎15年以上に渡り障害者の就職・転職をサポート!
◎一般には公開されていない、優良企業の求人多数!
◎専業だから分かる、配慮や勤務時間・職務の調整等の独自ノウハウ!
◎面倒な書類作成から面接サポートまで!
◎内定まででなく、入社後のサポートも充実!
◎あなたの活躍できる職場を見つけるなら!

ニューロワークス【大塚・横浜】

◎障害がある方の就職と定着を全力でサポート!
◎PCスキルや対人能力など就職に必要なスキルが学べる!
◎就職だけでなく定着も見据えた二段階プログラム!
◎脳科学に基づくブレインフィットネスプログラムを導入!

※ブレインフィットネスプログラムは脳と体の健康増進プログラムであり、障害自体の治療ではありません。

ラルゴ高田馬場

◎障害者者手帳が無くても受講可!
◎就業経験・パソコンスキル不問!
◎新卒、既卒未就業も受講可!
◎バーチャルオフィスとして実践的・実務的なトレーニングを経験することが可能!
◎皆さまの就職・転職活動を力強くサポートします!

ばなうた

コメント