12月23日(日)13:00~17:00、池袋で「クリスマス毒親会」を開催します。毒親育ちの方、お待ちしています!

精神病棟で生活する少女たちのリアルを描いた映画 「17歳のカルテ」は、安住からの卒業の物語。

精神病棟で生活する少女たちのリアルを描いた映画 「17歳のカルテ」は、安住からの卒業の物語。 映画
スポンサーリンク

どうも、シマウタオウタオです。
今回のメンタルヘルス映画は、「17歳のカルテ」です。

この映画は、境界性パーソナリティ障害(BPD)を患うスザンナ・ケイセンが、精神病棟入院時の体験を元に書いた自伝「思春期病棟の少女たち」を原作とする実話です。

そして、主演ウィノナ・ライダーも、10代の頃に境界性パーソナリティ障害で精神科入院歴があったため原作に共感し、自ら映画化権を買い取り、制作総指揮まで務めた意欲作です。

境界性パーソナリティ障害とは、人格障害の一つで、感情が不安定で気分の波が激しい、良い・悪いを両極端に判断する二極思考、強いイライラ感が抑えきれないなどの症状があります。若い女性に多く、自傷、自殺、薬物乱用リスクが高いため、注意が必要です。

今回も月額400円のAmazonプライム・ビデオで視聴しました。

17歳のカルテ (字幕版)
Winona Ryder
¥ 199(2018/11/29 17:52時点)

あらすじ

監督
ジェームズ・マンゴールド
製作
ダグラス・ウィック
キャシー・コンラッド
製作総指揮
キャロル・ボディ
ウィノナ・ライダー
キャスト
ウィノナ・ライダー
アンジェリーナ・ジョリー
クレア・デュバル
ブリタニー・マーフィ
エリザベス・モス

主人公スザンナ・ケイセンは、アスピリン一瓶とウォッカ一本を飲んで自殺未遂を疑われ、精神病棟クレイモアへ送られる事になった。そこでスザンナは、自分より深い心の闇を抱えた少女たちと出会い、ここは自分の居場所ではないと強く感じる。

しかし、その病棟で自由奔放にふるまうボス的存在・リサと出会う。彼女の飾らぬ言動に心惹かれ、次第にこの病棟に居心地の良さを感じ始める。だが、反社会性パーソナリティ障害を持つリサの行動は次第にエスカレート。退院した女性を自殺に追い込むなど周囲を傷つけていく。

やがてスザンナは「ここに長くいてはだめだ」と感じ、自らの病気と向き合い始める。そして、一年後に退院。仲間と離れ、クレイモアを後にする。

スポンサーリンク

感想

精神病棟とそこで生活する少女たちの等身大を描いた良作です。精神病棟は悪意を持って描かれるわけでもなく、美化されるわけでもなく、良心的な普通の病院です。また職員も良識的な人ばかり。こういった普通の精神病棟が舞台の映画って、数少ないですよね。

そして、入院患者は3種に分かれます。
・軽度メンヘラ・・・スザンナ・ケイセン、境界性パーソナリティ障害
・重度メンヘラ・・・リサ・ロウ、反社会性パーソナリティ障害
・普通メンヘラ・・・その他の入院患者たち、拒食症・過食症・空想虚言症など

ストーリーを10代少女風にまとめると、

軽度メンヘラのスザンナ、アスピリン一瓶をウォッカで流し込んだら精神病棟行き。入院している普通メンヘラを見てドン引く。「やべー奴ばっかじゃん、さっさと帰りたいわー、私病気じゃないし」。カウンセリングもやる気なし。

しかし、自由奔放な重度メンヘラのリサと出会う。「やべー、ここ楽しいかも、仲間も出来たし、居心地いいわー」。昔うっかり寝た男が脱走させようとしたら、「私病気だし、ここに残る」と断る。

でもリサは、重度メンヘラの困ったちゃんなので、無計画に施設を脱走。退院した普通メンヘラの元に転がり込む。普通メンヘラを罵倒して自殺に追い込む。また死にたい人の背中を押しちゃった(・ω<)テヘペロ、と悪気なし。

施設に戻った軽度メンヘラのスザンナ、「やべー、こんな所に長居したら、私やべー」。自分が病気であることを受け入れ、カウンセリング頑張る。そして退院が決まる。

重度メンヘラが最後の嫌がらせをしてくるも、「あなたはすでに死んでいる」とケンシロウばりのセリフで退治。無事、退院する。

こんな感じです。

そして、スザンナの最後のセリフが格好いいです。

「一年を無駄にしたわ」

この言葉は重いですね。この言葉により、この映画はより輝きを放ちます。ありきたりな「いい経験だったわ」「私の大切な場所だった」ではなく、はっきりとこの一年が無駄だったと言い切ります。

しかし、スザンナは、ここで仲間と心触れ合い、人の温かさを知り、病気と向き合う決意ができたのも事実です。それにもかかわらず、このセリフ。重いです。ぐっと来ます。

映画として派手さはありませんが、面白い作品です。10代女性の方が感情移入できるため、より楽しめるかもしれません。

またリサ役でアカデミー賞を受賞した、新人の頃のアンジェリーナ・ジョリーの名演は必見です。お時間のある方は、ぜひご覧になってください。

17歳のカルテ (字幕版)
Winona Ryder
¥ 199(2018/11/29 17:52時点)
思春期病棟の少女たち (草思社文庫)
スザンナ ケイセン
¥ 864(2018/11/30 10:33時点)

映画
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふざけて生きるクズ。のほほんノマドワーカー。元ひきこもり。ひきこもり時は、ネットを駆使し、外に一歩も出ずに生活費を稼ぎ出していたガチの人。現在は、たまーにお外に出て、主にITコンテンツ屋やってます。企画したり、プロデュースしたり、ディレクションしたり、デザインしたり、プログラミングしたり。趣味は、漫画とボードゲーム。漫画は年間1500冊読みます。ボードゲームはカタンが好きです。

\ シマウタオ@運営人さんをフォローしよう! /
\ シェアお願いします! /
\ シマウタオ@運営人さんをフォローしよう! /
おススメ!障害者の就職・転職サービス
アットジーピー【atGP】

◎障害者雇用のパイオニア!
◎15年以上に渡り障害者の就職・転職をサポート!
◎一般には公開されていない、優良企業の求人多数!
◎専業だから分かる、配慮や勤務時間・職務の調整等の独自ノウハウ!
◎面倒な書類作成から面接サポートまで!
◎内定まででなく、入社後のサポートも充実!
◎あなたの活躍できる職場を見つけるなら!

ニューロワークス【大塚・横浜】

◎障害がある方の就職と定着を全力でサポート!
◎PCスキルや対人能力など就職に必要なスキルが学べる!
◎就職だけでなく定着も見据えた二段階プログラム!
◎脳科学に基づくブレインフィットネスプログラムを導入!

※ブレインフィットネスプログラムは脳と体の健康増進プログラムであり、障害自体の治療ではありません。

ラルゴ高田馬場

◎障害者者手帳が無くても受講可!
◎就業経験・パソコンスキル不問!
◎新卒、既卒未就業も受講可!
◎バーチャルオフィスとして実践的・実務的なトレーニングを経験することが可能!
◎皆さまの就職・転職活動を力強くサポートします!

ばなうた

コメント