5月31日(日)、バリアフリーeスポーツ大会「ePARA 2020」を開催します。こちらのイベントのゲーム参戦者&イベント観戦者を募集中です!

名作カルト映画「時計じかけのオレンジ」は、半世紀経ってもトラウマ級に面白い。

名作カルト映画「時計じかけのオレンジ」は、半世紀経ってもトラウマ級に面白い。映画
スポンサーリンク

どうも、シマウタオウタオです。

今回の映画は、反社会性パーソナリティ障害を描いた「時計じかけのオレンジ」です。1971年(日本では1972年)公開という50年近く前の映画ですが、今なお世界中で多くの若者を魅了するカルト映画の傑作です。

今回も月額400円のAmazonプライム・ビデオで視聴しました。

あらすじ

監督
スタンリー・キューブリック
製作
スタンリー・キューブリック
製作総指揮
マックス・L・ラーブ
サイ・リトビノフ
原作
アンソニー・バージェス
キャスト
マルコム・マクダウェル
パトリック・マギー
マイケル・ベイツ
ウォーレン・クラーク

原作者アンソニー・バージェスが”危険な本”と語った同名小説を、鬼才スタンリー・キューブリックが映画化。露骨な性描写、過激な暴力表現で一時公開禁止にまでなった衝撃の問題作。

舞台は近未来のロンドン。15歳の不良少年アレックスは、仲間とともにドラッグに溺れホームレスをリンチするなど、無軌道な暴力に明け暮れていた。ある日、敵対グループの少年たちを襲撃した帰り、警察に追われたアレックスたちは、作家夫婦の家に押し入る。「雨に唄えば」を口ずさみながら暴れまわり、夫の目の前で妻を輪姦する。

彼らの暴力は次第にエスカレートし、金持ちの老女の家に強盗に入った際に、アレックスは騒いだ老女を撲殺してしまう。そして警察が駆けつけ、仲間に裏切られた彼一人が逮捕される。

2年後、獄中のアレックスは刑期の短縮と引き替えに、ルドヴィコ療法という新しい治療法の実験台になることに。この実験により、アレックスは性行為や暴力に対し嫌悪感を覚え、殴られても殴り返せない大人しい別人になってしまう。そして釈放された彼を待ち受けていた未来は…。

感想

今回は10年ぶりくらいの再視聴でしたが、時間を忘れるほど面白かったです。50年近く前の映画ですが、古臭さを全く感じません。間違いなく時代を超えた名作映画です。

近未来のロンドンという舞台、山高帽とエドワード7世風の個性的なファッション、ベートーヴェンなどの古典派音楽、そして暴力とSEX。すべてが時代を超え、普遍的な魅力を持つものばかり。

それらを鬼才スタンリー・キューブリック監督の大胆で繊細な演出により、”悪の舞踏劇”とも呼ぶべき極上のエンターテインメントに昇華させています。さらに50年後も多くの若者を魅了することでしょう。

時計じかけのオレンジ

© Warner Bros.Entertainment Inc.

イギリスで上映禁止に

この映画の暴力的な描写とストーリーは当時の若者を魅了し、1970年代にイギリスで強盗や殺人などの模倣犯罪を引き起こし、マスコミはこの映画の上映中止を訴えました。

そして1976年公開の「バリー・リンドン」撮影中、アイルランドを訪れていたキューブリック監督とその家族に対し、殺害の脅迫が送りつけられたのです。犯人は映画の中でアレックスと仲間たちがしたように、ロンドン郊外にある監督の家へ押し入ると警告しました。

自身と家族の安全を危惧した監督の要請により、1973年イギリス国内で全ての上映が禁止されました。再上映が始まったのは、キューブリック監督が亡くなった後の1999年になってからです。

時計じかけのオレンジ

© Warner Bros.Entertainment Inc.

小説「ライ麦畑でつかまえて」と同じように、カルト的な魅力を持った作品は、いつの時代も若者を暴走させるものですね。

原作と映画の結末の違い

以下、ネタバレ注意!

映画ではベートーヴェン第九を聴いたアレックスが不気味な笑みを浮かべ、元の人格に戻ったことが暗示される結末を迎えますが、実は原作小説にはこの続きである最終章が存在します。

最終章では、回復したアレックスが再び暴力に明け暮れるものの、再会したかつての仲間と話していく中で、暴力から卒業し、結婚して家庭を持つことを決めます。アレックスはこの時、自分が行った過去の暴力を振り返り、「子供時代には誰も避けられない道だろう。俺の子供にもいつか若い頃の話をするだろうが、暴力の道に進むことを止めることはできない」と自分の行いは若気の至りであったと独白し、エンディングを迎えます。

しかし、アメリカで出版された小説ではこの最終章が削除され、キューブリックもアメリカ版の原作小説をもとに映画化したため、映画では原作者の意図しない終わり方となっています。

しかし、私はこちらの結末の方が好みです。アレックスには中途半端に改心してほしくありません。Coolなソシオパス(社会病質者)、それがアレックスです。原作小説も面白いので、ご興味のある方は読んでみてください。

アレックスの魅力にやられて衝動買い😓

アレックス | 時計じかけのオレンジ

© Warner Bros.Entertainment Inc.

アレックス、格好いいなー。さすが2003年に発表された「アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100」で、悪役12位に輝くだけあります。

そして、物欲がほとんどないミニマリストの私にしては珍しく衝動買い。Amazonで、アレックスのフィギュアとパーカーをポチってしまった😓

パーカーは余計だったと、ちょっと後悔しています。

映画
スポンサーリンク
この記事を書いた人

のほほんフリーランス。元ひきこもり。ひきこもり時は、ネットを使って、外に一歩も出ずに生活費を稼ぎ出していたガチの人。現在は、たまーにお外に出て、主にITコンテンツ屋やってます。企画したり、プロデュースしたり、ディレクションしたり、デザインしたり、プログラミングしたり。趣味は、漫画とボードゲーム。漫画は年間1500冊読みます。ボードゲームはカタンが好きです。

\ シマウタオさんをフォローしよう! /
ばなうた

コメント

タイトルとURLをコピーしました