10月3日(土)20:30~21:55、Zoomを使って「オンライン雑談会」やります。ご参加お待ちしています!

演技性パーソナリティ障害を描いた映画まとめ

演技性パーソナリティ障害を描いた映画まとめ映画
スポンサーリンク

演技性パーソナリティ障害を描いた映画をまとめました。映画探しのご参考にしてください。

用語説明演技性パーソナリティ障害とは、自己顕示欲が強すぎるため、派手で芝居がかった振る舞いをして周囲の注目を浴びようとし、対人関係が不安定になる病気です。常に話題の中心でなければ気が済まず、泣いたり、周囲を非難したりすることがあります。この障害のある人は、男女ともに不適切なほど性的に挑発的、誘惑的な外見や行動をします。そのため、同性の友人と関係が悪くなりがちです。
有病率1.84%
用語の変遷演技性人格障害 → 演技性パーソナリティ障害

ティファニーで朝食を(1961年/アメリカ)

監督
ブレイク・エドワーズ
製作
マーティン・ジュロー
リチャード・シェファード
原作
トルーマン・カポーティ
脚本
ジョージ・アクセルロッド
キャスト
オードリー・ヘプバーン
ジョージ・ペパード
パトリシア・ニール
バディ・イブセン
マーティン・バルサム

エスター(2009年/アメリカ)

監督
ジャウム・コレット=セラ
製作
ジョエル・シルバー
スーザン・ダウニー
ジェニファー・デイビソン・キローラン
レオナルド・ディカプリオ
キャスト
ベラ・ファーミガ
ピーター・サースガード
イザベル・ファーマン
CCH・パウンダー
ジミー・ベネット

孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来、奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描いたサスペンス・ホラー。「蝋人形の館」のジャウム・コレット=セラ監督がメガホンを取り、少女役のイザベル・ファーマンの熱演が怖い。

子どもを流産で亡くしたケイト(ベラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)は悪夢とトラウマに苦しみ、夫婦関係も限界を迎えていた。以前の幸せな日々を取り戻そうとした彼らは養子を取ることに決め、地元の孤児院を訪問する。

そこで出会ったエスター(イザベル・ファーマン)という少女を養女として迎え入れるが、日に日にエスカレートするエスターの不気味な言動に、ケイトは不安を覚え始める…。

レビュー

映画
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ばなうた編集部

ひきこもり、コミュ障、人見知り、メンヘラ、発達障害、無職、ニート、SNEPなど、社会に生きづらさを抱える人、友達がいない人、人生に思い悩む人を応援します。首都圏各地で毎週イベント開催。お役立ちコンテンツ発信中。お役所とは違ったゆるゆるな当事者視点で、面白くて楽しい、ドキドキワクワクあふれる社会参加を創造します。

\ ばなうた編集部さんをフォローしよう! /
ばなうた

コメント

タイトルとURLをコピーしました