8月25日(日)18:30~20:30、橋本で「真夏の占いオフ」やります。占い師の方、占いをして欲しい方、占いに興味のある方、お待ちしています。

自己愛性パーソナリティ障害の有名人まとめ

有名人
スポンサーリンク

過去(または現在)、自己愛性パーソナリティ障害(NPD)だったとされる有名人をまとめました。ご参考にしてください。

用語説明自己愛性パーソナリティ障害とは、ありのままの自分を否定し、自分は特別な存在だという肥大した自己意識を持つパーソナリティ障害のひとつです。自分は周囲から賞賛されるべきと、他人に対して尊大で傲慢な態度を取るなど、人間関係に軋轢が生じやすいです。
有病率約1%
用語の変遷自己愛性人格障害 → 自己愛性パーソナリティ障害

三島由紀夫

三島由紀夫(みしまゆきお、本名:平岡公威(ひらおかきみたけ)、1925年1月14日 – 1970年11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。

戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体、古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。

晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。1970年11月25日、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁。バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。この一件は世間に大きな衝撃を与え、新右翼が生まれるなど、国内の政治運動や文学界に大きな影響を及ぼした。

三島由紀夫は対人関係に過敏で、貴族的な選民意識を持ち、妥協を許さぬ完璧主義者であった。祖母に溺愛され、母との情緒的な繋がりを持ちにくかった三島は、幼い頃にはケガをすると危ないという理由で女の子だけを遊び相手に選ばれている。

文壇デビュー当時の思うように売れない時期から、基底にある自己不確実感を覆い隠すようにボクシングやウェイトリフティングという肉体鍛錬に没頭した。またそのうるわしい肉体とは対照的に、取り巻きなしでは飲食店に入ることすらできないという過敏性を示している。

その後数々の傑作を生み出し隆盛を極めたものの、40歳にもなると肉体的な老いを感じずにはいられなくなり、痩せ衰えることを極度に恐れた。やがて国家主義的思想に自らの在り方を重ねていった三島は、劇的な自決により、美を保ったまま自らの人生に幕を下ろした。

太宰治

太宰治(だざいおさむ、1909年6月19日 – 1948年6月13日)は、日本の小説家。本名、津島修治。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。

その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』など。

太宰は慢性的な虚無感や疎外感を抱えており、安定している時は自己愛的性格だったが、不安定時は感情統制が困難であったとされ、芥川賞を逃した時の怒りは常軌を逸していたという。

感受性が強く、なおかつ高い知能を持っていた太宰がパビナール依存に陥ったのはごく自然な成り行きだったかもしれない。また、離人感や自殺念慮も有しており、自殺(心中)未遂を繰り返し、5回目で自殺完遂に至った。28歳の時には精神科病院である江古田の東京武蔵野病院へ入院している。

サルバドール・ダリ

サルバドール・ダリ(Salvador Dalí、1904年5月11日 – 1989年1月23日)は、スペイン・フィゲーラス出身の画家。シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。

ダリは様々な精神障害の特徴を示しているが、その中核にあるのは歪なナルシシズムである。自らを天才と言って憚らない自己顕示性と、奇矯な振る舞いの背後には、ありのままの自分を認められずに過ごした生い立ちが関係している。

ダリには同じ名前の兄がいたが、2歳でその人生を閉じており、ダリはその兄の写真を見る事を極度に恐れた。両親の目の奥に、自分ではなく、死んだ息子への不毛な愛情を感じていたからである。

生涯にわたって自己喧伝の衝動に囚われ続けたダリは、『私は自分自身に証明したいのだ。私は死んだ兄ではない、生きているのは私だ、と』と綴っており、愛情面の傷つきからくる繊細な感性と、誇大的とも言える自信は、創造的な営みの原動力となった。

ダリ・私の50の秘伝
サルヴァドール・ダリ
¥ 1,944(2019/08/19 17:06時点)
ダリの塗り絵
サルバドール・ダリ
¥ 1,058(2019/08/19 17:06時点)

スポンサーリンク

ヘルベルト・フォン・カラヤン

ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan、1908年4月5日 – 1989年7月16日)は、オーストリアの指揮者。

1955年より1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務め、一時期それと同時にウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督などのクラシック音楽界の主要ポストを独占し、多大な影響力を持つに至った。

カラヤンは世界最高の指揮者として「帝王」の名を欲しいままにしたが、その気性から数多くの問題を引き起こした。

カラヤンはメディアに掲載される自らの写真を全てチェックし、認めたもののみ公表を許すなど、自分が最も理想的な姿で映し出されることを求めた。1975年に不意打ちで写真を撮られた際にはカメラマンを殴りつけるという事件を起こしている。

またカラヤンは自らが貴族階級出身であることをあらわす「フォン」をつけて名乗ったが、パスポートには「ヘルベルト・カラヤン」とだけ記されていたという。

幾度にも渡るベルリン・フィルハーモニーとの対立に示されるように、カラヤンは少しでも意見を言う者や、従わないものには怒り狂い、徹底的に攻撃した。世間の持つ「天才」、「帝王」という二枚目な「芸術家としてのカラヤン」と、「人間カラヤン」を同じように評価することはできないと楽員は述べている。

ブラームス:交響曲全集 [DVD]
ヘルベルト・フォン・カラヤン
¥ 3,478(2019/08/19 17:06時点)
カラヤン/グレイテスト・ヒッツ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)
¥ 1,980(2019/08/19 17:06時点)

有名人
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ばなうた編集部

ひきこもり、コミュ障、人見知り、メンヘラ、発達障害、無職、ニート、SNEPなど、社会に生きづらさを抱える人、友達がいない人、人生に思い悩む人を応援します。首都圏各地で毎週イベント開催。お役立ちコンテンツ発信中。お役所とは違ったゆるゆるな当事者視点で、面白くて楽しい、ドキドキワクワクあふれる社会参加を創造します。

\ ばなうた編集部さんをフォローしよう! /
\ シェアお願いします! /
\ ばなうた編集部さんをフォローしよう! /
借金減額・過払い請求・債務整理・ネット詐欺のご相談は…
司法書士法人杉山事務所

◎貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります。
◎済んだ話と諦めないで。スピード解決実績多数。
◎昔の事と諦めないで。完済した借金、払いすぎた利息を取り戻せるかもしれません。
◎1日100件/月間3,000件の借金減額/過払い請求を対応。実績数が裏付けてます!
◎返せなくなった借金、借りるよりもまず「借金の見直し」を。

イストワール法律事務所

◎高い技術と知識、多くの経験と実績で、借金問題だけに特化した債務整理専門の事務所。
◎金融業者などの債権者側の交渉と、駆引きの手法を熟知した、債務者本位の極限の交渉術。
◎徹底した履歴開示請求で、損をさせない綿密な引き直し計算と、妥協のない返還請求。
◎全国各地から数多くの依頼と、その家族や友人からの紹介に裏打ちされた信頼と実績。

弥栄法律事務所

◎ネット副業関連の詐欺被害でお困りの方
◎ネット副業関連の詐欺被害の案件に特化した『弥栄法律事務所』まで今すぐご相談ください。
◎相談無料、着手金無料の完全成功報酬型の為、安心してお問い合わせいただけます。
◎専門家がスピード解決いたします。返金実績多数有り。

ばなうた

コメント