6月29日(土)12:15~17:15、池袋で「賭けなし!手積み健康麻雀オフ!!」を開催します。ご参加お待ちしています。

身体醜形障害の有名人まとめ

身体醜形障害の有名人まとめ 有名人
スポンサーリンク

過去(または現在)、身体醜形障害(醜形恐怖症)だったとされる有名人をまとめました。ご参考にしてください。

用語説明身体醜形障害とは、実際には存在しない外見上の欠点やささいな外見上の欠点にとらわれることで、多大な苦痛が生じたり、日常生活に支障をきたしたりする病気です。醜形恐怖症とも呼ばれます。
有病率0.5~0.7%
用語の変遷醜形恐怖症 → 身体醜形障害

マイケル・ジャクソン(エンターテイナー)

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 – 2009年6月25日)はアメリカ合衆国のエンターテイナー。シンガーソングライター・ダンサー、平和活動家など、活動は多岐にわたる。「キング・オブ・ポップ」と称される。

マイケルとその兄弟は思春期に父親から身体的・精神的暴力を受けていたことをBBCに証言した。父親は彼らを虐待していたことを認めた。マイケルは虐待について滅多に語ることはないが、そのことについて触れられたいくつかのインタビューで、感情的になり、父親に会う前には吐き気を催したと述べた。

裁判中での文書で数人の精神科の医師はマイケルが精神的に10歳の状態にまで退行させられたと主張した。数人の医師は公式にマイケルが醜形恐怖症で苦しんでいると発表した。

健康の問題、体重の減少、ストレスと自然老化によってマイケルの容姿は変化した。彼の目標は「ダンサーの体型」になることであるとし、体重を落とし、ベジタリアンになることを決意した。

処方された薬に浸り、薬中毒治療のためのリハビリに通ったこともまた彼の容姿に影響した。彼の生活の中で特に混乱した時期に、頻繁に体重と薬の問題が同時に浮上した。

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
マイケル・ジャクソン
¥ 3,234(2019/03/28 08:05時点)
スリラー
マイケル・ジャクソン
¥ 2,095(2019/03/28 08:05時点)

マライア・キャリー(歌手)

マライア・キャリー(英: Mariah Carey、1970年3月27日 – )は、アメリカ合衆国の歌手、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優としても活躍している。音楽はブラックミュージックを基盤としている。

アイルランド系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人の間に生まれた彼女はハーフであり、幼い頃から醜い差別に遭いながら自分の居場所が無いと感じ少女期を過ごした為、今もなおそのことに対するコンプレックスを持っていると2010年1月オブザーバー・ウーマン誌に語った。

また、マライアは顔の左側からは絶対に写真を撮らせないことで有名であり、顔の右側は髪を耳にかけてオープンにしているが、左側は髪や手で隠すことが多い。

グレイテスト・ヒッツ
マライア・キャリー
¥ 2,791(2019/02/27 00:48時点)
バタフライ
マライア・キャリー
¥ 3,680(2019/03/28 13:08時点)

キム・カーダシアン(ソーシャライト)

キンバリー・カーダシアン・ウェスト(Kimberly “Kim” Kardashian West、1980年10月21日 – )は、アメリカ合衆国のソーシャライト、リアリティ番組パーソナリティ、モデル、女優。

彼女は最初、パリス・ヒルトンの友人とスタイリストとしてメディアの注目を集めたが、2007年に元恋人レイ・ジェイとのセックス・テープが流出したことで、広く認知されるようになった。

その後、彼女とその家族に密着したリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』が放送されると人気を博し、シリーズ化された。また、幾つかのスピンオフ番組も制作された。これ以降、彼女の私生活は広範囲に渡ってメディアに取り上げられるようになった。

近年、影響力のあるオンライン及びソーシャルメディアであるTwitterやInstagramで数千万人のフォロワーを獲得している。2016年現在、彼女はInstagramで最も多くのフォロワー数を持つ人物の1人である。

彼女はインタビューで身体醜形障害に苦しんでいると語った。

スポンサーリンク

遠野なぎこ(女優)

遠野なぎこ(とおのなぎこ、1979年11月22日 – )は、日本の女優。旧芸名は遠野凪子。神奈川県川崎市出身。

子役として幼い頃からこの仕事を続けている。幼少期から親による児童虐待の被害を受けており、そのために言われるがままの子役を続けざるを得なかったところがある。人気子役であったことから中学校でいじめにあったときも、親の言いなりになるしか無かったため、それに耐えて仕事を続けていた。

しかし15、16歳の時にドラマ『未成年』の出演をきっかけに、人格崩壊(「人付き合いに対して飽きっぽくなる」「冷めた性格になる」等)が起こり、この時期が我慢の限界であったと語っている。一度は女優という職業に疑問を感じ疲労がたまり休業したが、夢の中にも自分が演技をしている姿が出てくるようになり「自分は女優しかない」と奮起、復帰したと語った。

番組の取材で、「唐辛子をサラダにかけ過ぎたり、休日は酒をほぼ1日中飲んでいる」といった偏食傾向およびアルコール依存症であることが分かり、健康被害を及ぼすとして警告を受けたことがある。実際にこれが災いし、シャンプーをした後に抜け毛が多く発生したことが判った他、番組取材で人間ドックに入った際も、「余命7年」と診断されている。

自伝本を出し過去について告白して以来、「完全ではないが以前よりは良い方向にむかっている」とブログで語った。しかし過食嘔吐や強迫性障害については今現在も投薬治療中で、幼い時に親から「吐いたら太らないから吐け」などと異常な環境でしか生きられなかった環境による虐待にあっていたせいもあり、今も苦しめられ続けている。

彼女は生い立ちの悲惨さから、様々な精神疾患があることを公表しているが、身体醜形障害であることも告白している。

釈由美子(女優)

釈由美子(しゃくゆみこ、1978年6月12日 – )は、日本の女優、タレント。164センチメートル(身長)、85-58-84(スリーサイズ)、靴サイズ23.5cm、血液型はB型。

彼女は初の美容本「釈ビューティ!」で、過去に無理なダイエットで40kg前後にまで体重が減ったことや、リバウンドで50kgを超えるなど拒食過食を繰り返し、軽度のうつ病にもなったことなどを赤裸々に告白している。

自身のブログに「最近は、鏡の中の自分を見るのも萎えるので ほとんど、プライベート写メを撮ってない…」と書いていることから、身体醜形障害ではないかと噂されている。また美容整形依存の噂も。

有名人
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ばなうた編集部

ひきこもり、コミュ障、人見知り、メンヘラ、発達障害、無職、ニート、SNEPなど、社会に生きづらさを抱える人、友達がいない人、人生に思い悩む人を応援します。首都圏各地で毎週イベント開催。お役立ちコンテンツ発信中。お役所とは違ったゆるゆるな当事者視点で、面白くて楽しい、ドキドキワクワクあふれる社会参加を創造します。

\ ばなうた編集部さんをフォローしよう! /
\ シェアお願いします! /
\ ばなうた編集部さんをフォローしよう! /
おススメ!障害者の就職・転職サービス
アットジーピー【atGP】

◎障害者雇用のパイオニア!
◎15年以上に渡り障害者の就職・転職をサポート!
◎一般には公開されていない、優良企業の求人多数!
◎専業だから分かる、配慮や勤務時間・職務の調整等の独自ノウハウ!
◎面倒な書類作成から面接サポートまで!
◎内定まででなく、入社後のサポートも充実!
◎あなたの活躍できる職場を見つけるなら!

ニューロワークス【大塚・横浜】

◎障害がある方の就職と定着を全力でサポート!
◎PCスキルや対人能力など就職に必要なスキルが学べる!
◎就職だけでなく定着も見据えた二段階プログラム!
◎脳科学に基づくブレインフィットネスプログラムを導入!

※ブレインフィットネスプログラムは脳と体の健康増進プログラムであり、障害自体の治療ではありません。

ラルゴ高田馬場

◎障害者者手帳が無くても受講可!
◎就業経験・パソコンスキル不問!
◎新卒、既卒未就業も受講可!
◎バーチャルオフィスとして実践的・実務的なトレーニングを経験することが可能!
◎皆さまの就職・転職活動を力強くサポートします!

ばなうた

コメント